時短メモ

「このブックには自動保存を使用できない機能が含まれています。ブックを手動で保存してください。」の解決方法

「このブックには自動保存を使用できない機能が含まれています。ブックを手動で保存してください。」というメッセージが出て、OneDrive上に置いたエクセルファイルが自動保存できない問題を解決する方法について調べてみました。

このエラーが発生したきっかけは、ネットワークドライブ上に保管して、共有してたエクセルファイルをOneDrive(SharePoint)上に移動した直後に、「このブックには自動保存を使用できない機能が含まれています。ブックを手動で保存してください。」と表示され、手動保存しかできない状態。

簡単にエラー箇所を特定する方法はなさそうなので、ブック形式のエクセルファイルだったので、シート毎に削除していくと、あるシートを削除したタイミングで、メッセージが消えました。

削除したシートのどこかに、「自動保存できない機能」がある模様、新規シートを追加して、バックアップしていたエクセルファイルからコピペして動作確認。原因にこだわっても無駄なので、これで完了にしました。

<2022年2月16日追記>
OneDriveを使っていく中で、何度かこのメッセージが出たので、発生するパターンを共有します。これ以外にも発生する可能性があります。

このメッセージが発生した例
1) セルの中にファイルを埋め込んだ場合
 PDFファイルやOutlookのメールファイルを埋め込むとメッセージが表示されました。
 対策は、ファイルを削除するだけです。埋め込みたい場合は、自動保存機能をあきらめましょう。